薬の効果と副作用|抗うつ剤で治療するうつ病の発見は早めに心療内科へ
ウーマン

抗うつ剤で治療するうつ病の発見は早めに心療内科へ

薬の効果と副作用

カウンセリング

うつ病は精神的な病気と思われますが、原因の一つに脳から送られる神経伝達物質の乱れの原因もあります。この神経伝達物質が乱れることにより、うつの症状が出てきます。その神経伝達物質のバランスを正しくするために行われる治療法が抗うつ剤なのです。抗うつ剤の種類が古い順から「三環系」「四環系」「SSRI」「SNRI」「NaSSA」があります。新しい薬のほうが有効的と思いますが、人によって効果は異なります。また、新しい抗うつ剤よりも従来の薬が安く経済的には良いです。しかし自分に合った薬で治療を進めていくことが早期治療に繋がります。抗うつ剤は風邪薬のように飲んですぐに効くようなものではありません。効果が現れるのには約1週間から2週間ほどかかります。自分にあっているかもまだ分からないですが、勝手に薬をとめずに飲み続けましょう。うつ病が進行していると薬をきちんと飲めない場合もあります。家族や周りがサポートをして飲み続けられるようにしましょう。また、薬を飲み始めてからしばらくして症状が良くなったからといって薬の服用を止めないようにしましょう。効果が出たからといって勝手に薬を止めてしまうとまだ完全には治っていないのですぐに再発してしまいます。再発してしまうとさらに長い期間治療をしないといけない場合もありますので注意が必要です。薬の効果が出ても出なくても使用の中断はせずに、担当の医師へ相談しましょう。効果の出ない人は違う薬へ変更があるはずです。効果が出た人も症状などの確認をして、またしばらく飲むように指示があると思うのできちんと飲み続けるようにしましょう。

抗うつ剤を使用するにあたって、人により副作用を伴うことがあります。多くの人に現れる副作用は、口の渇きや便秘、排尿障害、眠気、胃腸障害、頭痛などがあります。他にもたくさんの症状があり、かなり個人差が出てきます。抗うつ剤の使用にあたり何か異変があれば副作用の可能性が高いです。担当医師にも副作用の症状のことを伝えるようにしましょう。また抗うつ剤の効果が出るのが1週間以上かかるのに対し副作用はもっと早く、3日ほどたつと副作用の症状が出やすくなります。副作用が我慢できるほどでしたらそのまま飲み続けると副作用の症状は少し治まってくるのでやめずに飲み続けましょう。ひどくて耐えきれない場合にはそのことを医師に伝え、他の薬に変更したりなど相談してみましょう。

抗うつ剤を服用したときの副作用をどう乗り越えるかが大切です。軽い副作用でもうつ病の人にとっては大きな困難になる場合もあります。それを一人で乗り越えようとしても壁は大きいです。家族や周りの人が理解し、うまくサポートできれば少しでも負担を減らすことができます。服用する薬の種類や量、服用期間などは医師が様子を見ながら決めてくれます。回復に繋がれば徐々に薬の量も減っていき、最終的には薬の服用は無くなります。サポートする家族やパートナーも一緒に医師の話を聞いてアドバイスを受けると、自宅でもうつ病患者の生活負担が減り、早い回復に繋がります。