子供のうつ病|抗うつ剤で治療するうつ病の発見は早めに心療内科へ
ウーマン

抗うつ剤で治療するうつ病の発見は早めに心療内科へ

子供のうつ病

錠剤

最近では、子供のうつ病も出てきています。子供のうつ病もの症状は、睡眠不足や好きなことに興味を持たなくなった、イライラ、乱暴、頭痛や腹痛などの体調不良、怒りっぽい、元気がないなどがあります。このような症状が出たからと言って必ずうつ病というわけではなく、追い込まれて最悪なことが起きないように心療内科へ相談しましょう。

うつ病にならないことが一番いいのですが、なってしまっては仕方ありません。うつ病になってしまっても見捨てずに家族で協力して治療を進めましょう。子供とうつ病のことをしっかりと理解し、担当医師からのアドバイスも取り入れながらサポートしていきましょう。子供がうつになったから早く治すために「あれしなさい」「これしなさい」というのは返って逆効果になってしまいます。心がデリケートになっている状態で、子供の気持ちを無視して治療を進めてしまうと症状の悪化に繋がる可能性もあります。症状が悪化しないためにも親が子供の気持ちを知り、安心感を与えることが大切です。しっかりとした理解が信頼になり、子供の回復に繋がります。子供の信頼を得ることができたら負担のないように治療を進めていきましょう。子供のうつ病治療に抗うつ剤を使用するかは担当の医師と相談しましょう。医師によっても症状などから抗うつ剤の使用をしません。体が未熟な子供にとって抗うつ剤の使用は100パーセント良いものとは言えません。しかし症状によっては必要になる可能性もあります。薬を使用させたくない親もいるでしょう。抗うつ剤を使用しない場合にはその納得できる理由を聞き、抗うつ剤を使用しない治療法を医師から教えてもらいましょう。そして担当医師が考えている治療スケジュールを把握し、何か変化などがあれば小さなことでも伝えるようにしましょう。

うつ病の患者のサポートをするうえで、してはいけないことやいってはいけないことなどをなんとなく分かっている人もいると思います。しかし雰囲気で分かっているだけでは、いざというときに間違った対応をしてしまうことがあるのできちんと確認しましょう。
相手の気持ちを理解せずに何気ない気持ちで「怠けているだけ」「やればできる」などという言葉は言ってはいけません。本人も分かっているが、病気のせいでうまくできないのです。その状態だと自分を責めて余計に追い込んでしまいます。また、「頑張って」という励ましのつもりで言った言葉もうつ病患者には重くのしかかってしまいます。負担をかけないような言葉を選び自然に接するようにしましょう。また、落ち込んだ気分を無理に明るくしようとして遊びに行くことも避けた方が良いでしょう。提案者はリフレッシュ気分ですが、うつ病患者にとっては心にも体にも負担を与えてしまいます。まずはゆっくりと心と体を休ませることが大切です。患者本人がやりたいことがあれば否定せず、無理なくサポートできるようにしましょう。そして、サポートをする側も無理をしすぎず体調には気を付けながら生活を送りましょう。そして少しでも分からないことがあれば担当医師と連絡をとり、アドバイスを受けるようにしましょう。