躁うつ病の可能性|抗うつ剤で治療するうつ病の発見は早めに心療内科へ
ウーマン

抗うつ剤で治療するうつ病の発見は早めに心療内科へ

躁うつ病の可能性

ドクター

抗うつ剤を使用し始めると副作用が現れますが、副作用と思っていた症状が実は違う病気の可能性もあるので注意しましょう。薬を飲み始めてから患者さんが急に元気になって調子が良くなったり、優しい性格だったのに急に怒りっぽくなったり攻撃性が出てきたりという状態があれば躁うつ病の可能性があります。もちろん必ずというわけではなく、抗うつ剤の副作用の可能性もあります。しかし、うつ病と診断された人の中には躁うつ病の人もいて、躁うつ病と診断された人の中にはただのうつ病だったという人もいます。このようにうつ病と躁うつ病の判断は難しいということが分かります。もし、うつ病と診断された人の様子がおかしければ、担当の医師に相談しましょう。特徴としては、テンションが異常に高い状態とかなり低い状態を繰り返します。躁うつ病だと治療法が変わってきますので、患者にこのような気分の変化があればサポートしている人が担当医師に状況を伝えましょう。

躁うつ病の人が躁期の状態(テンションが上がっている状態)のときは、普通の人の高いテンションのときよりもさらに上を行くテンションの高さです。常に興奮状態が続き、眠らなくても元気に異常なテンションのまま生活します。自分を抑えることができない状態なので、友達など周りの人たちとぶつかってしまうことがあります。躁うつ病と知らなければ引いてしまうほどのテンションの高さが特徴です。
躁期の次はうつ期に入ります。早期のときとは全く真逆で、異常なまでに落ち込んでしまいます。イライラもあり、何もやる気が起きず、うれしいや楽しいなどのポジティブ感情は全くありません。何事にもマイナス思考で気力が全くないのが特徴です。この二つの時期が交互に訪れますが、一つの時期がどのくらい続くのかは決まっていません。人それぞれですが、躁期が長いとうつ期も長くなる傾向があります。

うつと同じように原因ははっきりとはわかっていません。しかし、同じ家系で躁うつ病になる可能性が高いため、遺伝的なものが大きくかかわっているのではないかと考えられています。発症原因は、環境でのストレスを受け続ける環境で生活していることなどにかかわっていると発症しやすいようです。躁うつ病になりやすい人は明るくて社交的な人が多いようです。人との楽しく過ごしているため人間関係も良く気配りも出来る人です。いつも明るい人が長く落ち込んだり、異様にテンションが高くなったりしていれば躁うつ病の可能性があるので、心療内科へ行くように勧めてみましょう。

躁うつの治療法は、薬の服用と精神療法です。薬は、うつ病のときに飲む抗うつ剤ではなく、おもに気分を安定させる薬が処方されます。抗うつ剤と同じように副作用の出方は薬や人によって異なります。精神療法では、医師と話しを繰り返し自分の病気に気付き、自分の意思をコントロールできるように治療していきます。
躁うつ病の人は躁期には自分をコントロールできないほどのテンションになってしまいます。大変なことをしてしまわないように周りのサポートが必要です。人間関係に傷をつけないようになるべく外へ出歩かないように注意することも大切です。時には暴言を吐かれることもありますが、躁うつ病だということをしっかりと理解してサポートすることが大切です。